補助金採択実績多数の行政書士が、補助金の申請を考えられている事業者様へ向けて事業計画書の書き方を説明いたします。
「補助金という存在は知っているが、申請が難しそう…」と思っている方、当ガイドを見て事業計画書作成の手助けになれば幸いです。





そもそも補助金とは?

・補助金の目的
補助金とは、国や自治体より、さまざまな分野で募集されており、事業者の取り組みをサポートするために資金の一部を補助するものです。それぞれの補助金には趣旨や目的があるので、理解しましょう。

・補助される経費は決まっている
補助金によって補助される経費も様々です。広告費が補助される補助金。機械費用が補助される補助金。ホームページが補助される補助金。補助対象経費や、補助上限額が定められていますので事前に確認しましょう。

・補助金は必ず貰えるわけではない
補助金には要件があり、その要件に該当している事業者でなければ申請ができません。
また、要件を満たしていて初めて申請ができるのですが、「申請したら必ずもらえる」というわけではありません。専門家によって事業計画書の内容や、加点項目のチェックがなされ、審査後、採択を受けることが出来れば補助を受けることができます。

補助金申請の流れは?


○申請者が補助金申請書類を提出し、審査員が内容の審査を行い、採択か不採択が決まります。

補助金をもらう事が目的ではない!

補助金を使い行う取り組みは、あくまでも課題解決のための手段です。補助金を獲得することを目的(ゴール)としては、その補助事業自体が成し遂げられない可能性もあります。採択されるためには、自社の課題解決のために、補助金を手段として使うという考えがなければなりません。

補助金≠目的
補助金=手段


中小企業診断士が採点を行う

補助金の審査員の中心は委託を受けた中小企業診断士です。中小企業診断士は審査員として事業計画書を採点する際、貴社の業務については初見となります。そのため、補助金の事業計画書を書く際は、自社の事業について何も知らない素人が、その事業計画書を見ても「この事業には税金を使ってでもやる価値がある」と思うような書き方になっていなければいけません。




自社の事や競業他社を分析しよう!

事業計画書を作るためには、自社の事はもちろんですが、競業他社などを理解している必要があります。下記の項目を自分なりに分析しましょう。

SWOT分析


SWOT分析を行うことで、
・自社にはこういう強みがある→その強みを活かして新事業にチャレンジしたい
・自社にはこういう弱みがある→それを補うために新事業にチャレンジしたい
・外部環境にこういう機会がある→だから当社が行う新事業は成長する
・外部環境にこういう脅威がある→新事業を展開することで脅威に対抗できる

上記の様に、計画にストーリー性が生まれます。

3C分析
 
【顧客】…顧客全員のニーズに応えることは難しいため、自社で顧客を選定し、そのターゲット層はどの様なモノやサービスを求めているかを分析しましょう。
【自社】…自社のリソース(モノやヒト、情報など)には限界があります。その自社資源を知り、その中で実現できる事業に集中しましょう。
【競合】…他社と同じ商品・サービスを提供しても売上は上がりません。差別化を行うことで、他社と違う商品・サービスを提供できれば競合と戦うことができる様になります。

事業ドメイン
 
 
①誰に…事業ドメインの設定の際、最も重要なことが「自社のターゲット顧客は誰か」を明確にすることです。
②何を…自社が提供しているモノやサービスの価値を突き止めましょう。
③どのように…ターゲットとする顧客や市場を明確にし、提供する価値を明確にしたら、「それをどのように提供するか?」を考えなければいけません。他社と差別化を図り【自社独自の提供方法】を考えましょう。

QCD(生産管理)
 
 
・生産性向上の切り口として有効:他社と比べるときの観点として。QCD全体をバランスよく向上させていく視点を持つことが重要です。
Quality(品質)…費用や納期よりも重要視すべきことは品質
Cost(費用)…品質が同じならばコストは低いほうがよい
Delivery(納期)…納期が遅いとビジネスにならない



補助事業で売上拡大が見込めるか?


上記の図のように、売上はそれぞれの数字を掛け算すれば出てきます。
そのため、どこかを上げれば売り上げも比例して増加します。

STEP1で、自社分析等を行った結果を元に、どの部分の数字を上げて売り上げを伸ばすかを文章に落とし込めるようにしましょう。




公募要領からキーワードを抜粋する。

今回は持続化補助金を例にします。STEP0で自社が補助金を受ける資格があるか、補助経費の種類等を調べていると思いますが、さらに公募要領を詳しく読み、求められていることをキーワードとして抜粋しましょう。


抜粋キーワード:【販路開拓】【地域の雇用】【生産性向上】【持続的発展】【業務効率化】




抜粋キーワード:【経営状況の把握】【自社の強み】【自社の製品・サービス】【商圏の特徴】【実現可能性】【補助事業が目標達成に必要かつ有効か】【創意工夫】【ITの有効活用】




抜粋キーワード:【業績赤字】【更なる賃上げ】【賃上げに意欲的】【地域別最低賃金より+30円】




抜粋キーワード:【従業員の雇用】【小規模事業者の定義から卒業】


事業計画書を作成する際は、上記のように抜粋したキーワードや関連する内容を盛り込み、審査項目、加点項目の要素に可能な限りモレがないようにしましょう。(もちろん内容によります)





事業計画書作成のポイント

補助金の申請は大量にあり、審査員はその全てを審査しなければなりません。そのため見やすい計画書にする必要があります。下記のポイントを折り込みつつ作成しましょう。

【文章は簡潔に】長い文章は読みにくく、伝わりにくいので簡潔に文章をまとめましょう。
【図表を入れる】文章だけではなく、図や表を入れることで見やすく分かりやすい事業計画書を作りましょう。


実際に事業計画書を作成してみましょう

持続化補助金事業計画書作成ガイド入り(サンプル)


この事業計画書は、記載すべきポイントのガイドを入れています。この事業計画書に実際に自社の情報などを記入しながら事業計画書を作成してみましょう。


作成ガイド入りの事業計画書の請求は 【お問い合わせ】ページよりお願いいたします。



STEP0からSTEP4を通して実際に事業計画書を作成してみたけど、そのまま提出するのは心許ない…そんな方は私たちが事業計画書の添削や校正をいたします。是非、お問い合わせください。